とりあえずかいてみた?

2012年4月16日 (月)

コップで地球温暖化

おひさしぶりです。

新東名を走ってみたいけど、

お金払って渋滞に突っ込みたくない&

今やってる仕事が通称「トウメイ」なので、

若干ストレスだなぁと思うwattzです。

最近は、あまり聞かなくなったけど、

未だにTVで偉そうな肩書きを持った人が、

地球が温暖化する⇒北極の氷が溶ける⇒どこかの島が水没するとか…

って論法をドヤ顔で言ってたりします。

しかも「これはみなさん御存じのことかも知れませんが」という前振りをつけて…

何か凄いことをTVで言ってくれちゃってるな…

結論からいうと、

北極の氷が溶けただけで、どこかの島は沈みません…

だって、氷がいっぱい入ったコップから水が溢れてきたとこ見たことないじゃん!

というわけで、今回は「アルキメデスの原理」について、少しお勉強!

アルキメデスの原理を、Wikipediaさんにきいてみると、

物体を水の中に静かに入れると、物体は水の中に沈む。物体が沈むことによって押しのけられた(物体が存在する場所にあった)水も、重力によって物体の存在する場所へ移動しようとするが、物体の重力と押しのけられた水の重量に、押しのけられた水の重量が同じになった所で物体は沈むのをやめる。つまり、物体と同じ重量の水を押しのけたところでつりあうので、物体は沈むのをやめる。

これを数式で表現すると、F = -{\rho}Vg \, 

F: 浮力[N]、ρ: 水の密度[kg/m3]

V: 物体の水没している部分の体積[m3]、g: 重力加速度[m/s2]

???と仰ってますが…要約すると…

「コップに浮いてる氷が溶けても、水位は変わりませんと」いう原理のことです。

だから、北極の氷が溶けても海水面があがることは無いんだけど…

ちなみに、冷たいコップの周りに水滴がつくのは飽和水蒸気量(結露)の話なので、

コップの周りの空気(水蒸気)が冷やされて水(液体)になりますというコップの外のできごと。

…小さい頃は、テレビに出てる人が言ってることや、

ガッコの先生が言ってることは、正解で絶対だったけど、

今になってみると…

怖いのは、間違った情報に何度か出会ってしまうと、それがいつの間にか

自分の中の真実になってしまうこと…

定期的に、色んな事実っぽいことに疑問を持たないと、

大勢の前でドヤ顔決めてデマを言っちゃうんだなぁ…

人の振り見て我が振り直せですね。

…って久々のブログで書くネタじゃないな。

トリヤマサクラ

写真の中にホケキョと鳴くやつがいます。

2012年1月29日 (日)

wattz@シュウカツ中

ブログでは、あけましておめでとうですね。

最近、シュウカツしてます。

採るか採られるかで言ったら採る方ですが…

採る方も必死なんです。

どっちかっていうと就活生を応援する立場なので…

というわけで、シュウカツの話をつらつらと。

この時期は、まだまだ多くの学生と接する機会があるのですが…
いつも決まって、次のような質問をしてくる学生がいます。
「御社で働く上で、必要なスキルは?」

若干個人的な意見なのですが、医者や研究職など専門的な仕事は別にして、
技術系の仕事で求められるスキルっていうのは、
どの企業どの職種でもそんなに変わらないんじゃないかなと思っています。

よく言われるのが、『コミュニケーション能力と問題解決力』。
コミュニケーション能力は、多くの人と関わりながらチームで仕事をするためには、なんとなく必要だなというのは分かりそうなモノだし、どのような人物像かイメージが湧きやすい。

じゃあ…問題解決力って?それを説明するのに、おもしろい記事があったので紹介したいと思います。

技術系の仕事はトラブル解決に多くの時間を取られますが、とある歯磨き粉会社のトラブル解決法がためになると話題になっていました。

その内容ですが、歯磨き粉チューブの入った箱が、ときどき空っぽのまま出荷されてしまうことを防ぐというものです。

チューブが入らず空っぽの箱ができてしまうのは生産ラインに問題があり、タイミングなどを調整しても100%箱に入るようにデザインするのは困難を伴いました。

工場にいるエンジニアは手がいっぱいであったので、会社のCEOは経営陣を集め、外部からエンジニアを雇い新しいプロジェクトを立ち上げることにしたのです。

通常行なわれるように予算と計画を組み、6ヶ月の期間と6億円をかけて非常に質の高いプロジェクトが実施されました。

これによって空っぽの箱ができるたびに重量不足を検知してベルが鳴り、光で知らせるシステムが構築されました。そのたびに生産ラインをストップさせ、人の手で空箱は捨てられます。その後ボタンを押して再びラインが動き出します。

問題が解決するようになってから、しばらくたったある日のこと。CEOがその後のプロジェクトの様子を確認しにきました。

客からのクレームは減っており、市場での売上は伸び、使った金額分の成果が出ていると満足しました。次にどれくらいの空箱が出ているかを示す表を調べてみたところ、3週間にたったの一つもなかったのです。

報告書に間違いがあるのではないかとエンジニアたちに尋ねてみても、それが正しい報告数値だとの答え。実際にコンベアベルトに載っているもので、空の箱はないと言うのです。

疑問を抱いたCEOは工場まで足を運び、ラインの現場を自分の目で確認することにしました。

すると検知する場所の1.2メートル手前に1500円ほどの扇風機が置かれており、空の箱を吹き飛ばしてはゴミ箱に入れていたのです。

説明を求めると、作業員の一人が答えました。
「ああ、それはベルが鳴るたびにいちいち来るのが面倒だったので、そこに置いたんですよ」

技術系の仕事って、確かに高度な技術や豊富な知識を必要とする場面は多々あるんだけど、本当に必要なのは、考える力だと思います。

面接で話す内容は、学生時代の研究内容や、どんなサークル活動をしていたかよりも、どんな考え方をしているかが大事だといわれるのは、正直、技術や知識は会社に入ってからでも身に付けることが出来るので…といったところが答えになるのでしょうか。

しかし、それを身につけるにあたって必要なスキルは、ある程度学生のうちに磨いておく必要があります。ちなみに、それが問題解決力と言われるスキルです。

問題解決力は、問題の本質を見抜き、それに対してどのようにアプローチして、如何に解決策を見いだしていくかという力のことです。就活シーンに言いかえると、学生時代に、どんな困ったことがあって、それをどのように考えて、こんな結論を出しましたということ。

歯磨き粉の事例では、問題の本質を考える前に、それをマシンで何とかしようとプロジェクトを立ち上げ、技術だけで解決しようとしてしまいました。確かに、結果は同じなのですが、もう少し考えていれば、6億円もの大金を使う必要は無かったかもしれません…

就活で悩んでいる学生には、いつもこんな話をしながらアドバイスをしています。とりあえず、エントリーシートは、自分の考え方を面接で披露するためのネタ帳みたいなもの。面接では、そのネタに対して、私はこのように考えて、このような結論を出しましたってことを言えれば十分だよ。ただし、自分を良く見せようとしすぎたり、嘘だけはつかないでと…

とりあえず、自分のシュウカツの時より、今の方が間違いなく就活を考えてる気がする…。

くつ。

2011年12月 3日 (土)

GO!!ZAISYO!!

御在所岳に登ってきました。

感想…

こんな近くに、こんな楽しい場所があるなんて…

というわけで、山に登るサラリーマン

『ヤマリーマン』wattzです。

ロープウェイでは何度か登ったことがあるのですが、

自分の足で登るのは初めての体験でした。

今回は中登山道をぶらり…

御在所の秋

御在所岳の標高は1212メートル

正確には、1211.95メートル

こっそり石を詰めば、1212になるのに…

でも、そんなことしなくても凄い石が積まれている場所があります。

奇跡の奇石

ある意味『奇跡』ともいえる光景…いや奇石です!

11月の雪だるま

最高の天気でしたが、

ひとたび日陰に入ると、初冠雪の面影が…

初雪だるまが登山客を冷たくも温かく?迎えてくれました。

GO!!ZAISYO!!

御在眺望や奇石だけでなく、

鎖やロープを使って岩肌をよじ登るエキサイティングなところも楽しい御在所。

まさに天然のアスレチック。

人間の動物的な感性を呼び覚ましてくれます。

ASHINAGA OSSAN??

山頂は、広場になっておりロープウェイで来た観光客で大賑わい。

3時間かけて登った人と、11分で登った人が入り乱れる不思議な空間でした。

運が良ければ、あしながおじさんにも出会えます。

IPPON釣り

真っ赤なロープウェイと真っ白な鉄塔、そして真っ青な空。

御在所おそるべし。

間違いなくまた登っちゃいますね。

登りたくなったら、御一報くださいませ。

きび団子1パックで、お供いたします。

2011年10月29日 (土)

須走√2

どうも、つい最近年齢カウンターが回転したwattzです。

年齢なんてただの数字、大事なのは気持ちの持ち様。

とういわけで、未だに見た目年齢に追いつけないwattzです。

ってことは、気持ちがおっさんなのか…

『須走√』の続き…

夕暮れから下山まで

七合目の夕暮れ

夕暮れ後の空は「群青色」

本当に青が群がっているようだった。

山小屋の夜

あっという間に山小屋の夜。

富士山の山小屋には珍しく、ハンバーグと豚汁のごはん。

疲れた体に塩分がしみわたる感じ。

スライドショー@大陽館

今回の富士登山最大の目的「山小屋スライドショー」

タイトルは『夜明け YOAKE』写真家の山内悠さんが、

富士山に600日滞在して撮影したのだとか…

夜明け

風景に感動するというよりも、その写真ソノモノに心を動かされる感じ。

雲の上の人

1枚のスクリーンを囲んで、富士山のパワーを感じていました。

富士山の写真を…富士山で観る。

…そんな感じで山小屋の夜は過ぎていくのでした。

そういえば、寝る前に外でたら星がきれいすぎて焦った。

本当はこんなにも星があるのに、地上で見える星は極わずか…

夜明け前のそら

目を覚まし外へ出る…雲を挟んで…夜と朝が鬩ぎ合っていた。

夜明け前のくも

刻々と変わる景色。

何とも言えない感覚。

空の色が実に繊細で鮮やかだった。

夜明け前の雲波

夜明け前。

波のように押し寄せてくる雲。

もののけ姫で緑のドロドロが押し寄せてくるシーンに似ている。

夜あけ

そして夜明け。

御来光こそ観られなかったものの、最高の眺望。

雲たちが一気に真っ赤に染まる瞬間。

cloud

クラウド。

いざ山頂へ

完全に夜が明けたところで、いざ山頂へ。

最初は七合目で辞めておく予定だったのに…

朝起きたら、当たり前のように山頂を目指す雰囲気に…

富士山のパワーはすごい。

しかし…これがいけなかった…

誰もいない山頂

富士山頂着…

あれ?誰もいない…

山小屋もトイレも閉まっている…

2か月前は人で埋め尽くされていたベンチは

使い放題だった。

誰もいない富士山頂浅間大社

山頂に来て分かったこと。

寒い。

痛い。

そして何より…危ない。

寒さが辛いのは、予定通りだったが、

砂嵐は予定外だった。

各地で竜巻が発生しては、

狙ったかのように襲ってくる。

吹いてる風も殺人級。

生まれて初めて飛ばされないように

地面にしがみついた。

そして、カメラが壊れた…。

伸びたレンズが戻らない。

山飯

下山途中、持ってきた鍋でクッキング。

100円の棒ラーメンが信じられんくらい美味かった。

ホントは山頂で食べたかったけど、それどころじゃなかった…。

須走√下り

須走ルート下り。

大パノラマを眼下に砂の上を走っていく。

振り返れば山頂

気がつけば、山頂があんなに遠くに…

あし

良く頑張った足。

来年も登ろっと。

そういえば…

雲影がきれいだったので動画もUP ⇒ 「cloud shape」

2011年10月 8日 (土)

須走√

富士山に行ってきました。

…今年2回目。

…2か月振り。

どんだけ富士山好きなんだと言われそうですが、

今回の主目的は、須走7合目山小屋での写真展。

「写真展のついでに山頂いっちゃう?」

そのくらいのノリで行くことにしたのでした…

準備完了

名古屋を朝7時に出発。

東名をひた走り、御殿場ICで降りる。

適当に食糧を調達し、須走五合目に到着。

濃い霧の中、準備をしながら体を気圧に慣らしていく。

須走五合目付近

先週初冠雪を記録したこともあり、ヒンヤリとした須走登山口。

五合目にいるのは観光客が大半で登山客はまばらというか皆無…。

登山禁止の看板を横目に登山開始。

登り始めは、森の中をトレッキングする感じ。

千里の道も一歩から

登山途中は様々な立札に出会う。

千里の道の一歩から…。

「…確かに」と思いながら歩みをすすめる。

須走六合目付近

六合目を過ぎると植生が変化する。

この辺りは低木がほとんど。

高木では吹き下ろしに耐えられないのだろう。

須走の紅葉

紅葉らしき雰囲気も…。

高山植物に詳しいと、これが何かっちゃうんだろうな…。

と思いながら森を抜ける。

須走七合目間近

7合目も近づいてくると草しか生えていない感じ。

この辺りまで来ると視界が開けてくる。

元山小屋

昔山小屋だったと思われる場所。

地上の建物だったら、風化してもここまでにはならないような…。

富士山の環境の苛酷さを体感する。

須走七合目から富士山頂を望む

須走7合目着。

五合目から3時間弱。

遠くには山頂も見える。

秋雲が湧いてきているかのような風景。

須走七合目からの眺望

反対側を向いてみると…

青と白だけの世界に息をのむ。

「神様になったみたいだね」と楽しく話す山ガール

「ワタシハ神ダ」と神々の遊びをする山ボーイ…

…それにしても空気が旨い。

須走七合目山小屋

山小屋に到着。

今夜はこの場所で写真展(スライドショー)が開かれる。

富士山の写真を富士山で鑑賞する。

聞いただけでもワクワクする。

次回は…

山小屋の夜から書いていきたいと思います。

須走√2へ

2011年9月28日 (水)

Tokyo Picnic !!

台風が去って秋がやってきた。

夏には夏の…

秋には秋の遊び方がある。

というわけで、公園でピクニック!

東京の休日

そもそもピクニックって何をすることだろう?

さっそくウィキってみたところ…

ピクニック(Picnic)は、

屋外に出て野山や海岸などの自然豊かな場所に出かけていき、楽しむこと。

戸外での食事が含まれる傾向がみられる。

要するに…アウトドアってことですね。

しかし、次に興味深い一文が…

『日本語の古語では野掛けという。』

野掛け…!?

何?その斬新な言葉!

というわけで、週末に野掛けしてきたwattzです。

空と芝

週末の公園で野掛けする人々。

そらとしばとハンモック

ハンモックは「ベスト野掛けスト」の必須アイテム!

ワールドフード

もちろん食事も野に掛けながら!

秋空

野掛け中に、秋を実感する植物に出会いました。

けむし?

「毛虫~!」とかいって遊んだ懐かしいアイテム。

決して手相を見てはいけません。

ラピュタ?

野掛け中、台風の脅威を発見してしまいました。

「ラピュタみたい!」と思ったあなたとは親近感を感じずにはいられません。

トンボにむちゅう

野掛けキッズは、トンボよりもカラフルなハタに夢中でした。

やっぱり、野掛けよりピクニックの方がポップな感じがしてイイですね。

インドアで黙々と仕事してる今日この頃

休日くらいは、アウトドアな生活をしたいですね~。

2011年8月28日 (日)

1T 1D 2F 18K

夏の終わり。

今年の夏は、よく働いた。

そして、それ以上に、よく遊んだ。

6月~8月で出没した都道府県…

北海道・東京・埼玉・神奈川・山梨・静岡・長野

岐阜・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫

徳島・愛媛・高知・山口・福岡・佐賀・大分・熊本…

『1都1道2府18県』

今夏最後の週末は、静波でボディーボード。

波が高くて若干溺死気味でしたが…

仲間たちと楽しい時間を過ごせました。

SHIZUNAMI 6

SHIZUNAMI 1

SHIZUNAMI 2

SHIZUNAMI 3

SHIZUNAMI 4

SHIZUNAMI 5

SHIZUNAMI 7

SHIZUNAMI 8

SHIZUNAMI 9

SHIZUNAMI 10

…実は、この夏最後にして今年の初泳ぎでした。

みんなに「日焼けしたね」って言われて、

「実は、まだ海に行ってないんですよ~」って返すのがネタだったのに…

さて、秋は何して遊ぶかなぁ…。

トレッキングとキャンプと…

あ、ゴルフ…最近やってないなぁ…

あ、ランニング…暑いからってサボってたなぁ…

…え、仕事…えーっと…

2011年8月 4日 (木)

くもじいじゃ!

どんなに仕事が大変でも。

どんなに職場が暑くても。

気分は毎日夏休み。

と夏男発言をしながら、

目の下のクマが

日焼けした肌より黒くなりそうなwattzです。

日焼けしたといいつつ今年は1回も海に行ってません。

でも3週連続で山に行きました。

まだまだ暑い日は続きますが、

適度にテキトーに生きていこうと思います。

ところで、これ富士山で撮ったんだけど…

何の形に見える?

KUMO

2011年7月 3日 (日)

よく遊び、よく働く。

土曜日の夜、久々に家にいます。

夏本番を控え、まさかの遊びすぎです。

気温の上昇と共に、財布はクールダウン…!

そういえば…

7月1日付で、Gを異動しました。

もう下っ端ではいられないんですね。

こっそり隠れていようと思ったのに…。

ま、いいっか。

先週撮った写真を適当に…

降臨中。

早朝の淡路島からの風景は神々しかった。

フィギュアみたいな風景

さぬきふじ。小学生のころ砂場で作った「山」って感じがする山。

UDON職人。

UDON職人。

高知城

日本の名城の一つ。高知城。

FLAME

お城からの眺めって、なんだかいいよね。

天守閣からミニチュアライズ

マイブームのミニチュアライズ。

ポーズをとっている彼も「まさか天守閣にカメラマンがいるとは…」

って感じでしょうね。

もう少ししたら、カバンまとめて九州へ向かいます。

職業は、遊ぶために仕事する人。

通称「遊ぶ人」です。

2011年6月23日 (木)

Minituarize!!

PHOTOHITOブログパーツ

北の国へ行ってきました。

天気も良くて絶好の撮影日和でした。

梅雨が無いなんて、最高過ぎる…。

まだまだ修行中ですが、お暇な方は見てやってくださいまし。

Watt'z photo? 『Minituarize!!』

ミニチュアライズ⑭@五稜郭

モノ黒撮影や、Toyカメラも試したので機会があればUPしよっと。

Watt'z photo? ギャラリーは24時間営業中です。

より以前の記事一覧