« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月28日 (土)

ニュース23

どうも。
電車に乗っていたら、
ブラジル人?が三木道三のライフタイムリスペクトを
「いっしよ~いしょ‥に いてくれやぁ」
と、片言の日本語で歌っているのを聴いてしまって、
全力で笑いを堪えているわっつです。

気がつけば誕生日が過ぎて
とうとう23歳になってしまいました。
しかし同期の仲間や職場のみんなには
和田君は院卒の25歳だと思われているので、
「実年齢マイナス2歳=チョイ老け新入社員」
の公式はまだまだ使えそうです。

誕生日には、2年連続で髪を斬りに行ってきました。
行きつけの美容院の人が
「誕生日に来るといいことあるよ~」
と言っていたのを思い出し、朝予約してすぐ行くことに…
でも、「誕生日だから来たんです」と言うのが
なんか恥ずかしかったので、
「ドラゴンズが日本一になれなかったから来ました」
と、よくわかんない理由で髪を切りに来たことを
必死でアピールしてしまいました。
それがいけなかったのか、髪を切っている間の大半は
野球(なぜか新庄)の話になってしまいました…。
ちなみに、誕生日の特典はカット料金の割引でした…。

23歳の目標は24歳になるまでに考えようと思います。

2006年10月13日 (金)

最近やった仕事。

お久しぶりです。
秋の空を眺めながら、
雲の写真を撮っているwattzです。

最近、仕事でサツマイモ芋掘りをしました。
何とも言えない畑の土の匂いを楽しみながら、
両手を泥まみれにして必死に掘りました。
真っ黒な土の中から、綺麗な赤紫色をした
サツマイモを見つけた時は、机の引き出しから
昔の写真を見つけた時のような、
懐かしい気分になりました。

一本の茎に沢山の芋がぶらさがっている為、
大きな芋を引き抜くと、同じ茎から栄養を貰って育った
芋たちも一緒に引き抜くことが出来ます。
『芋づる式とは、まさにこいつのことやでー』
と、頭の中で誰かが関西弁でコメントを述べていましたが、
芋掘りの楽しさを壊すといけないので、あえて無視しました。
また、ある人は、
『掘った芋いじるな!=What time is it now ?』
の公式を執拗に説明してきたのですが、
それもダメだろ~と思ったため無視しました。

爽やかな秋空の下、
軍手をはめた左手にPHSを握りしめ
関連会社の人と来月の工事の日程調整をしながら
畑で芋掘りをすることは、もうないでしょう…

ちなみに服装は…
クールビズスタイルにスニーカーでした。
このファッションのポイントは
首からさりげなく社員証をぶら下げている所。
滑り止めが付いていない軍手(10束198円)
がこの秋の流行を捉えています。
「いかに違和感を演出できるかが重要。
秋なのにクールビズを着ることで、
楽しかった夏の思い出を全身で表現できている。」
とP子氏は語る。

夜は、焼き鳥屋で芋焼酎を飲みました。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »